一般教養・教職課程 教員紹介

各教員の担当科目・研究内容・業績は教員氏名をクリックすることで閲覧できます

大熊治夫 教授
大熊治夫
芸術・文化の歴史を美学や社会の歴史と結び付け、各々の時代の芸術と人間との関係、芸術や文化の意味について考えます。また、文化が生活に与えた影響について考えます。
小枝義人 教授
小枝義人
世の中のあらゆる事象が、国会(議会)での法律制定により決まってしまいます。「政治によって、我々の人生も職業も大きく変わってしまう」という事実を、わかりやすく伝えていきます。
田井中幸司 教授
田井中幸司
運動などの身体活動を行ったときの生体の応答およびそれを継続することによる生体の適応のメカニズムを追及し、生活習慣病の予防のための健康づくりを目指します。
塚本浩司 教授
塚本浩司
仮説実験授業の理論を基にした〈たのしい科学教育〉に関する研究をしています。その研究を基に,内外の科学講座や教育系学会に発表・紹介する活動を行っています。
坊城俊成 教授
坊城俊成
建築保存など応用学問を通して得た知見から「理数系基盤教育」、「大聖堂史」、「アーキテクチュラル・ホスピタリティ」、地域貢献・連携として、「銚子の古代神社研究」を進めています。
熊谷圭二郎 准教授
熊谷圭二郎
学級集団や学習集団における人間関係について研究しています。また,臨床心理士としての活動を行うとともに支援的対話のあり方についても研究を進めています。
橋本裕蔵 准教授
橋本裕蔵
刑法学並びに刑事訴訟法学の研究に軸足を置きつつ、社会の安全を総合的に考える社会安全政策学を構築することが当面の研究対象としています。
戸塚唯氏 准教授
戸塚唯氏
教育場面における教師と生徒の心理について研究しています。また環境教育にも興味を持ち,効果的な環境教育の方法などについて,心理学的に研究を行っています。
横山悟 准教授
横山悟
私たちの脳や心が、言葉をどのように使っているのか、特に最近は外国語としての英語をどのように学習していくのか、について研究しています。その研究結果を、直接大学での英語教育に活かしています。
橋爪烈 講師
橋爪烈
アラブ・イスラーム史を研究しています。主としてアラビア語史料を用い、9-11世紀のイラクおよびイラン西部に版図を広げたブワイフ朝の政権構造を明らかにすることが目下の課題です。また、イスラーム政治思想や神学、哲学、科学史にも興味を持って研究を進めています。
このページの先頭へ